ベジママ 飲み方

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママの正しい飲み方とは、いったい!?

 

 

ベジママは妊活サプリの中でも人気があります。理由はピニトールなどに代表される栄養素が豊富に配合されているからです。ですが、何でもなんでも飲めばよいという訳ではないので気を付けたいところです!

 

例えばですが、ベジママを取らなさ過ぎても効果は期待できませんし、摂りすぎても過剰摂取で副作用?の心配もないと経言えません・・・。

 

ですから、この記事を見ている方にはそんなことがないように、以下の内容を参考にベジママを飲んでもらえればと思います。効率よくベジママの成分を取り込むためのヒントになると思います(#^^#)

 

 

ベジママの正しい飲み方を簡単に解説※飲む量・タイミングなど※

 

 

 

【ベジママの正しい飲み方.その1】飲む量は1日に4粒が目安

 

ベジママの1日の摂取量の目安は1日に4粒と定められています。これには理由があります。

 

ベジママの栄養成分表示(4粒あたり)
エネルギー:3.2kcal タンパク質:0.04g 脂質:0.02g 炭水化物:0.71g ナトリウム:1.12mg ビタミンE:8mg ビタミンC:80mg ビタミンB12:20μg 葉酸:400μg ピニトール:260mg ルイボス:50mg

 

例えばですが、上記の葉酸ですが妊婦が1日に摂取したい葉酸の推奨量は「480μg」です。非妊時の場合は240μgですから、通常の2倍もの葉酸が必要ということになります。(※μg=マイクログラム)

 

葉酸は水溶性ビタミンなので体内に蓄積されにくいです。余分なものは尿などで排出されてしまいます。しかし、あまりにも大量に摂取した場合には発熱や蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害といった副作用を起こす可能性もあります。1日の摂取量の上限(20代が900μg、30代が1000μg)を守るようにしましょう。

 

当然ですが葉酸以外の成分も過剰摂取は何らかの形で体に変調をきたす可能性もあるので過剰摂取は辞めるべきでしょう。過剰摂取をしても効果は現れにくいです。ベジママの効果を引き出すのは毎日、同じ量を継続的に飲むことです。

 

 

【ベジママの正しい飲み方.その2】飲むタイミングは食間や寝就前が良い

 

ベジママを飲むタイミングは基本的には定めはありません。ベジママは医薬品ではなくサプリメントなので栄養補助食品に分類されるからです。

 

ですがあえて言うなら効果的な時間帯というのは確かにあります。先ず、ベジママを飲んで効果が期待しやすい時間帯は「食間」です。食間というと食事中に他の食べ物と一緒に食べればよいのかと勘違いする方もいるかもしれませんが、実際は違います!

 

食間というのは食事と食事の間の、胃の中が空っぽの状態の事を指します。つまり胃の中が空っぽという事でベジママの成分が他の食べ物の成分の影響を受けにくいという事です。

 

またもう一つの時間帯は、「就寝前」です。こちらも食間同様に胃の中が空っぽの状態です。ですから、ベジママの効果が寝ている間に体内に吸収されやすくなると言われているのです。

 

また、食間や就寝前の両方で2粒づつ飲むことで、体内に吸収されやすいなりますし、まとめて、4粒同時に飲むのと何だか胃がむかつくと言ったつわりの方などの対策にも時間を分けて飲むのは良いでしょう。

 

 

【ベジママの正しい飲み方.その3】飲む時は水またはぬるま湯で

 

ベジママに限ったことでもないのですが、基本的に医薬品やサプリメント類は水、またはぬるま湯で飲むのが基本になります。理由は先ほども触れたようにベジママの成分が他の食べ物に影響されない為です。

 

仮にですが、ベジママをジュースやコーヒーで飲むと効果はない訳ではないのですが、出にくい状況ができてしまう事になります。ですから、ベジママを飲む方は水、またはぬるま湯を常に飲める環境の場所にベジママを置いておくと良いでしょう。

 

 

【ベジママの正しい飲み方.その4】毎日、継続的に飲み続けること

 

ベジママは栄養補助食品です。間違っても即効性のある医薬品でもないので、勘違いしない様に継続して飲み続けたいところです。継続して飲もうとしてもすぐに飽きて忘れがちになるという方もいるようですが・・・。

 

ですから、ベジママを継続的に飲めるように先ずは3週間は飲み続けるように何らかの工夫をしてみると良いでしょう。目につくところに置いておくとか、メモを書いてすぐにチェックできるようにしておくかなどでも良いでしょう。

 

 

ベジママの飲み方を守る事が効果を出すための最大の秘訣!!

 

 

ベジママを正しい飲み方で飲み続けるというのは効果を最大限に引き出す為のポイントと言えます!!

 

ベジママの効果というのは体質の改善からですから、なかなか目に見えるものではありません。ですから、正しい飲み方をしていても効果がないのではと勝手に思い込んでしまう方もいるようです。

 

ですが、実際には体内の栄養素を徐々に改善しているという事も十分考えられるのです。

 

それにベジママは妊活中や妊娠中、更に授乳中の母乳の栄養素にも影響するものです。ですから、もしこの記事を見ている方は、ベジママの効果を信じて正しい飲み方を継続していく事をおすすめします。

 

きっと、ベジママを正しい飲み方で継続して良かったなと思える日が来るのではないかと思います(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加