ベジママ 男性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママは男性も飲んだ方が良いのか!?

 

 

ベジママは女性に人気の妊活サプリで妊娠中の母体や胎児への栄養にも効果的だといされています。ですが、ベジママが男性にも効果があるのかはあまり知られていません。ベジママは葉酸というビタミンB群の一種である成分が配合されています。

 

葉酸は、細胞分裂・増殖をサポートします。ですから男性の正常な精子の生成にも関係します。葉酸不足だと、精子の細胞分裂・増殖が正常に行われません。染色体異常をもった精子が生まれケースも報告されています。染色体異常をもった精子だと、胎児の先天的障害などの原因になるので注意です。

 

 

ベジママが男性に必要とするのは「不妊」が関係!?

 

 

一般的に不妊症というのは結婚後、1年以上普通に夫婦の営みをしている、なおかつ、夫婦の両方で子供を望んでいるにも関わらず子供が望めないと状況を言います。以前までは不妊症は女性側にあるのではないかと思われていましたが、実際にその原因は男性にあると言われています。

 

男性不妊の問題に対しては、国からの助成もスタートしています。厚生労働省が定める「不妊に悩む方への特定治療支援事業」において、男性の不妊治療1回につき、上限額15万円が助成されることになりました。

 

ですが、やはりそれだけではなく不妊に悩む男性は普段の生活からもその不妊になるリスクを考えていく事が必要でしょう。その際に、役立つのがベジママなどを代表する妊活サプリです。妊活サプリというと女性用というイメージがありますが・・・。

 

 

ベジママは男性の不妊に効果的かもしれない!?

 

 

ベジママに含まれる葉酸が、男性の不妊に対して効果をもたらすというデータが発表されているので参考に載せておきます。

 

これは合計211人の男性を対象に、26週間にわたっておこなわれた試験ですが、その結果「1日に葉酸5mg・亜鉛は66mgを併用して摂取すると、不妊症の男性と妊娠可能な男性の両方で、正常な精子の数が増加した」のです。

 

この試験の結論として「この発見が、未来の出生率研究や治療に新たな可能性を開くかもしれない」という事で、今後、男性が妊活に取り組むためのきっかけになるのではないかと期待されているのです。

 

 

ベジママは男性だと何粒が目安になるのか!?

 

妊活中に男性が摂取したい葉酸の量は、女性ほど多くはありません。では、ベジママを男性が飲む場合は1日に何粒飲むのが理想なのかが気になるところです。葉酸の過剰摂取になる事は余程ないでしょうが、やはりここは気を付けたいところです。

 

 

女性の場合は、妊娠する1ヶ月以上前からの葉酸摂取がすすめられており、その量は「食事で240マイクログラム+サプリメントや強化食品で400マイクログラム」とかなり多めです。

 

妊娠を目指すカップルの男性側については、特に葉酸の摂取量を増やすべきと言う指摘はありませんが、慢性的な葉酸不足の場合、妊娠に際しても何らかの影響が出る可能性があると考えられています。ですから、18歳以上の男性は、1日240マイクログラムの葉酸摂取が推奨されています。

 

ベジママは、1日4粒(葉酸の1日摂取量400μg)が目安です。女性同様に、男性も1日4粒で問題ありません。ただ、男性は、葉酸の1日の摂取量は、200μgで十分な量なのです。また、男性の不妊などの妊活だと、250μg以上でも良いので、1日にベジママ2粒でも良いという計算になります。

 

この様に男性も女性同様にベジママの使用ができるという事が分かります。そしてベジママの成分は葉酸以外にも以下のような成分が配合されていているので確認しておくと良いでしょう。

 

 

ベジママは男性が葉酸とともに摂取したい栄養素が豊富です!!

 

 

ベジママには葉酸以外にも男性の不妊に働きかけ、精子の活動を活発にする成分が豊富に含まれています。以下に記載する成分はベジママだからこそとも言うべき成分になるので参考にしておください。

 

 

ビタミンB群の働き

葉酸はビタミンB群の一種です。そしてビタミンB群は、葉酸と同時に摂取することで相乗効果を発揮します。葉酸と一緒に摂取すべきビタミンと言えるでしょう。特にビタミンB12とは相性が良く、優れた造血作用を発揮します。

 

 

ピニトールの働き

ベジママの注目成分といってもいいくらい注目されているのがピニトールです。間違いなく男性も摂取したほうが良い栄養素です。ピニトールには、血糖値を下げる効果があります。男性側の血糖値は特に妊娠には影響がないと言われています。

 

妊娠には影響がないと言われていますが、血糖値が高くなりすぎるとED(勃起不全)になったり、妊活にとって悪影響にもなりかねませんから、摂取しておくべき成分でしょう。

 

 

ルイボスの働き

ルイボスも妊活にとって必要な栄養素という認識が高まってきています。ルイボスももちろん男性にとって効果的な成分が配合されています。ルイボスには抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用というのは酸化を防ぐという役割です。つまり、葉酸と同じくルイボスを積極的に摂取することルイボスは強力な抗酸化力を持ち、活性酸素を除去してくれます。私たちの体内にあるSOD酵素(抗酸化力を持つ酵素)を活性化させる作用を持ちます。

 

 

j近年は男性も妊活に取り組むのが一般的になっています。ですが、男性はなかなか具体的な妊活の知識がないがために取り組み方が分からないと悩む方も珍しくありません。この記事が少しでも妊活に取り組む男性のたてれば幸いだと思います(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加