ベジママ 生理

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

生理周期の乱れはなぜ起こるのか!?

 

 

特にですが若い女性は生理周期が乱れるケースが多いのではないでしょうか?またどうして生理周期が乱れるのかも気になるところです。そして、その生理周期の乱れがベジママで改善できるのかも詳しく調べてみました。

 

そもそもですが、正常な生理周期は28日前後と言われています。それよりも短かったり長かったり、または毎回安定していなかったりするのは、生理周期が乱れている状態と言えます。

 

この様な生理周期の乱れは、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いのです。
そしてホルモンバランスが乱れる理由というのが・・・。

 

ホルモンバランスが乱れる理由とは!?

 

ストレスを抱えた状態は、脳の視床下部に影響を与えます。視床下部とは、ホルモン分泌を促す役割のほかに、免疫系や自律神経などの役割があります。生きていくために必要な様々な機能をコントロールする役割を持っています。

 

この視床下部の働きが妨げられていると、ホルモンの働き不十分になり心臓・血液関係といった生命の維持に欠かせない機能を優先され、生命維持とは直接関係のない部分はうまく機能しなくなります。

 

そのため妊娠のために必要な機能は後回しとなり、生理の周期の乱れや無排卵不正出血、無排卵、無月経などを引き起こしやすくなってしまうのです。また、ストレス以外の原因に睡眠不足や不規則な生活、バランスの悪い食事、過度なダイエット、冷え、環境の変化、過度な運動などもあります。

 

 

ベジママは生理周期の乱れの原因であるホルモンバランスに働きかける成分も!?

 

 

では、ベジママが生理周期の乱れに効果が期待できるのではないかという事を成分からもチェックしていこうと思います。以下には「ベジママの中でも注目の成分を載せておきます。

 

葉酸の働き

葉酸は元々、ホウレン草から発見されたビタミンB群のうちのひとつです。水溶性のビタミンです。名前の通り「葉」に多く含まれるビタミンです。葉酸は細胞分裂とDNAの合成に関わり、細胞分裂のキーとなる核酸やチミンの合成に補酵素として働きます。

 

そのため葉酸は新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要になるビタミンです。爆発的な細胞分裂をして急激に成長していく胎児や消化器官の粘膜、赤血球の製造などで葉酸は必要になります。当然ながら、細胞の活性を促すことは体の調子を整えるので生理周期にも良い効果が期待できます。

 

ですが葉酸は加熱調理をするとその多くが失われ、また、体内に摂取してもそれを留めておくのが難しいのです。ですから、ベジママなどのサプリメントで効率よく飲むことを厚生労働省も推奨しているのです。

 

 

ビタミンB群の働き

ビタミンB群は、葉酸と同時に摂取することで相乗効果を発揮します。葉酸と一緒に摂取すべきビタミンと言えるでしょう。特にビタミンB12とは相性が良く、優れた造血作用を発揮します。

 

普段の食事でも摂取できますが、食事だけでは補いきれない女性が多くいるのも現状です。ベジママでこちらのビタミンB群を効率的に摂るのはやはり生理周期の乱れの改善に効果的でしょう。

 

 

ピニトールの働き

ベジママの注目成分といってもいいくらい注目されているのがピニトールです。ピニトールには、血糖値を下げる効果があります。生理周期の乱れの一つに食生活の乱れから、肥満や、一見、肥満には見えなくても内蔵に隠れ脂肪が蓄えられている、いわゆる内臓脂肪の状態があります。

 

生理周期の乱れには多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などのケースもよくあり、(詳しくはこちらで解説 ⇒ ベジママが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善に役立つ理由とは!? )ピニトールが近年、その改善に効果が期待できると注目されています。

 

ちなみにですが、国内でピニトール配合のサプリメントというと私の調べた限りではベジママだけでした!

 

 

ルイボスの働き

そしてピニトール同様にベジママの成分で注目されるのがルイボスです。妊活にとって必要な栄養素という認識が高まってきています。ルイボスには抗酸化作用があります。抗酸化作用が何かというと・・・。

 

生命活動を維持するために、体内でエネルギーを作り出さなくてはいけません。そこで酸素が必要となるのですが、どうしても余分に余ってしまいます。それを活性酸素と言います。それが同時に細胞を老化させる働きもするのですが、それを食い止めるのが抗酸化作用という事です。

 

こちらもまた、生理周期の乱れに働きかける効果も期待ができるでしょう。

 

 

ベジママは生理周期の乱れを治すのではなく、体質をサポートするものです!

 

 

先ほども触れたように生理周期の乱れはストレス以外に睡眠不足や不規則な生活、バランスの悪い食事、過度なダイエット、冷え、環境の変化、過度な運動など様々です。いくらベジママが体質を改善する成分が配合されいても、ベジママだけの効果でホルモンバランスを整えるというのは無理でしょう。

 

元々、ベジママは症状を改善するための医薬品ではありません。あくまで普段の食事などでお互ないきれない栄養素の補給などを目的として栄養補助食品です。ですから、ベジママだけに効果を期待するというのは間違った認識と言えます。

 

本気でホルモンバランスを整えて生理周期を整えたいのであれば、毎日、栄養のバランスが良い食事をしっかりとる、睡眠時間をしっかりとる、適度な運動、会社のストレスの発散など基本的な生活習慣を見直す方が優先でしょう。

 

その上で、ベジママを効果的に生活に取り入れることでホルモンバランスを整え、生理周期の乱れの改善にも役立つのではないかと私は思います(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加