ベジママ 成分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママの成分が気になるのだけれど・・・。

 

 

ベジママは妊活中や妊娠中、更には授乳中にも必要な栄養素が豊富に含まれています。ですからこそ、多くの女性を中心に幅広い層に支持を得ているのですが、果たしてどのような成分が配合されているかが気になるところです。

 

どんなに体に良い成分が配合されていて、不足しがちな栄養素を補ってくれると言っても、飲んでいる本人が理解していなければ納得もできない事でしょう・・・(。´・ω・)?

 

そこで、ベジママの全成分を徹底的に調査して、その中から注目される有効成分の体への働きを詳しくまとめてみました。何となくではなく、確かに栄養効果が期待できると思ってもらえればなと思います(#^^#)

 

 

ベジママの成分を徹底的にチェック!!※有効成分は何か!?※

 

 

【成分表】
ピニトール、還元麦芽糖水飴、
ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、
アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、
結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、
ビタミンB2、バントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

 

この様にベジママには色々な成分が配合されていることが分かります。ただ、一般の方が上記の成分表を見て、どのような働きをするのかは分からないと思いますので、注目成分の働きを以下に大まかにまとめてみました。

 

 

葉酸の働き

 

 

葉酸は元々、ホウレン草から発見されたビタミンB群の一種です。名前の通り「葉」に多く含まれるビタミンです。葉酸は細胞分裂とDNAの合成に関わり、細胞分裂の働きを促進する効果があるので、妊活中のには特に大切な成分です。

 

そのため葉酸は新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要になるビタミンです。爆発的な細胞分裂をして急激に成長していく胎児や消化器官の粘膜、赤血球の製造などで葉酸は必要になります。

 

ただ、葉酸は調理時の過熱により多くが失われる事や、体内に蓄積しにくいので摂取がなかなか難しいのも事実です。そこで厚生労働省も妊活中はサプリメントで効率よく葉酸を摂取する事を推奨しているのです。

 

 

ビタミンB群の働き

 

 

ビタミンB群は、葉酸と同時に摂取することで相乗効果を発揮します。葉酸と一緒に摂取すべきビタミンと言えるでしょう。特にビタミンB12とは相性が良く、優れた造血作用を発揮します。

 

ビタミンB群を多く含む食材と言えば、緑黄色野菜や豚肉、レバー、そして赤みの魚などが代表的です。妊活中は積極的に接収したいところですが、現代は食事の偏りが起きやすい生活環境とも言えます。

 

また妊娠中は、悪阻などで食事をなかなかとれないとビタミンB群も不足しがちになるのでサプリメントで効率的に摂取するのも有効な手段です。

 

 

ピニトールの働き

 

 

ベジママの注目成分といってもいいくらい注目されているのがピニトールです。ピニトールはイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然物質です。またプチプチした触感と薄塩味が人気の高級食材、アイスプラント(別の商品名:ソルトリーフ、クリスタルリーフ)にもピニトールが含まれています。

 

ピニトールは、 糖尿病予防に効果が期待できる成分とされ、近年研究が進んでいます。

 

ピニトールには、血糖値を下げる効果があります。女性の不妊症の原因に肥満や内臓脂肪なども関係している可能性があるのでピニトールで血糖値を下げることにより妊娠しやすい体質を目指すこともできます。

 

男性側の血糖値は特に妊娠には影響がないと言われていますが、血糖値が高くなりすぎるとED(勃起不全)になったり、妊活にとって悪影響にもなりかねませんから、摂取しておくべき成分でしょう。

 

 

ルイボスの働き

 

 

そして、ピニトール同様にベジママの成分で注目されるのがルイボスです。ルイボスはマメ亜科のアスパラトゥス属の一種です。針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になります。

 

南アフリカ共和国は西ケープ州ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生します。乾燥した30度以上の温度差の高い場所を好むため、セダルバーグ山脈でのみ栽培しています。

 

ルイボスは妊活にとって必要な栄養素という認識が近年、徐々に高まってきています。ルイボスには抗酸化作用があります。

 

※抗酸化作用がどのような働きか!?※
生命活動を維持するために、体内でエネルギーを作り出さなくてはいけません。そこで酸素が必要となるのですが、どうしても余分に余ってしまいます。それを活性酸素と言います。それが同時に細胞を老化させる働きもするのですが、それを食い止める働きの事を抗酸化作用と呼びます。

 

 

ベジママの成分の安全性は素材から徹底されています!!

 

ベジママの成分は人体に害のある添加物を極力排除しているだけでなく、更に言うと生産過程にもかなりこだわっています。先ず、確認しておきたいのは以下の画像出も分かるように・・・。

 

 

ベジママは原材料を自社で栽培しています。よく副作用の理由の一つに農薬や放射能汚染などの心配がされますが、ベジママの原材料は国内の工場て徹底的な衛生管理を行い、更に栄養価の高い状態にして収穫しているのです。そして・・・。

 

 

この様に、収穫した原材料を国内の徹底した衛生管理の工場内で製造しているのです。消費者にはなかなか分かりにくいのですが、この過程でも何重もの厳しいチェックや試験を実施しています。ですから、成分の安全性かなり高いのです。

 

それらの過程を全てクリアしているからこそ、ベジママという私たちが安心して使用できるサプリメントとして提供されているのです。もしですが、ベジママについてさらに詳しく知りたいという時は、以下から公式サイトを確認してもらえればと思います。

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加