ベジママ 妊活

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママは他社の妊活サプリと何が違うの!?

 

 

ベジママは妊活サプリの中でも圧倒的な人気があります。ですが、なぜベジママが他の妊活サプリ以上に人気があるいのかを知っている方はほとんどいない様に思います。事実、私もベジママを飲み始めてから知ったくらいですから・・・(。´・ω・)?

 

ですので、この記事ではベジママと他社の妊活サプリの決定的な違いについて調べてみようと思います。

 

決してベジママにしないといけないという内容ではないのですが、ベジママが他の妊活サプリより人気がある理由が分かると思います。これから妊活を始めようと考えている方には役立つのではと思います。

 

 

ベジママが妊活中に栄養補給に良いのはこんな成分だから!!

 

 

先ずはベジママにどのような成分が含まれているのかを詳しく見ていく事にしましょう。成分の特徴はできるだけ分かりやすくするために特に注目の成分に絞りました。

 

 

葉酸の働き

葉酸はビタミンB群のうちのひとつで、水溶性のビタミンです。名前の通り「葉」に多く含まれるビタミンです。葉酸は細胞分裂とDNAの合成に関わり、細胞分裂のキーとなる核酸やチミンの合成に補酵素として働きます。

 

そのため葉酸は新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要になるビタミンです。爆発的な細胞分裂をして急激に成長していく胎児や消化器官の粘膜,赤血球の製造などで葉酸は必要になります。

 

 

ビタミンB群の働き

ビタミンB群は、葉酸と同時に摂取することで相乗効果を発揮します。葉酸と一緒に摂取すべきビタミンと言えるでしょう。特にビタミンB12とは相性が良く、優れた造血作用を発揮します。

 

 

ピニトールの働き

ベジママの注目成分といってもいいくらい注目されているのがピニトールです。間違いなく男性も摂取したほうが良い栄養素です。ピニトールには、血糖値を下げる効果があります。男性側の血糖値は特に妊娠には影響がないと言われています。

 

妊娠には影響がないと言われていますが、血糖値が高くなりすぎるとED(勃起不全)になったり、妊活にとって悪影響にもなりかねませんから、摂取しておくべき成分でしょう。

 

 

ルイボスの働き

そしてピニトール同様にベジママの成分で注目されるのがルイボスです。妊活にとって必要な栄養素という認識が高まってきています。ルイボスももちろん男性にとって効果的な成分が配合されています。ルイボスには抗酸化作用があります。

 

生命活動を維持するために、体内でエネルギーを作り出さなくてはいけません。そこで酸素が必要となるのですが、どうしても余分に余ってしまいます。それを活性酸素と言います。それが同時に細胞を老化させる働きもするのですが、それを食い止めるのが抗酸化作用という事です。

 

 

 

 

この様にベジママには色々な妊活中に役立つ成分が配合されているのです。妊活サプリというと多くの方は真っ先に葉酸とイメージするでしょうが、ベジママにはピニトールやルイボスなどの成分も独自配合されているのです。実際に私も他社の妊活サプリを調べましたが、ピニトールやルイボス配合の物は見つかりませんでした。

 

 

 

ベジママと他社の妊活サプリの栄養成分を比較すると!?

 

 

そしてベジママが他社の妊活サプリと比べていかにおススメなのかをまとめていく事にしましょう!

 

ベジママの成分に関しては上記でも触れたよう妊活中に大切です。本来、このように成分に拘る妊活サプリというのは価格がどうしても高価になりがちです。ですが、ベジママはかなり良心的なのが分かるかと思います。

 

実はベジママはテレビCMなどの宣伝をしない事で宣伝費を抑え、口コミでここまで広まったようなのです。つまりユーザーができる限り安い価格で良い妊活サプリを購入できるようメーカー側の拘りが隠れているのです。

 

そして、何より見逃してはいけないのが「永久的に返金保証制度」が利用できるという事です。その際の事務手数料や送料は全てメーカー側が負担するという事なのです。さすがにここまでサポートしてくれるメーカーは他にはありません。

 

この様な理由がベジママが他社の妊活サプリよりはるかに人気がある理由ではないのかと私は思います(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加