ベジママ 妊娠糖尿病

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママが妊娠糖尿病の予防に、本当に効果的なの!?

 

 

妊娠すると、それまでの生活習慣を変えていなくても急激に体質が変化して思いがけない症状に見舞われる方もいると思います。そのなかでも注意したいのが「妊娠糖尿病」ではないでしょうか。

 

「体重が増えすぎないようにと食事にも気を遣っていたにも関わらず、妊娠糖尿病になるなんて・・・。」と驚く方も実際にいると聞きます(゚д゚)!

 

実はいうと妊娠糖尿病というのは妊娠中は誰でも発症する可能性があります。今回は、妊娠糖尿病の原因や症状から、なぜベジママがその予防に効果的なのかについて触れていこうと思います。

 

 

そもそも妊娠糖尿病の原因となりやすい方の特徴とは!?

 

 

妊娠糖尿病の原因と症状について

 

人というのは食事によって血糖値が上がると、膵臓(すいぞう)からインスリンが分泌されます。インスリンの働きによって、脳や筋肉ではブドウ糖が取りこまれ、肝臓や脂肪組織でブドウ糖からグリコーゲンや脂肪が作られます。そして、血糖値が上がりすぎないようにコントロールされています。

 

しかし妊娠中、特に妊娠後期は、肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働きにくくなります。軽度の糖代謝異常が起こりやすい状態になります。その原因は、インスリン作用を打ち消す「胎盤性ホルモン」などの分泌が妊娠によって増えるためだと考えられています。

 

【妊娠糖尿病の症状例】
妊娠高血圧症候群
流産・早産
糖尿病の合併症(網膜症や腎症、神経障害など)

 

この様なリスクが妊娠糖尿病には考えられるのです。

 

 

妊娠糖尿病になりやすい方の特徴とは!?

 

そして、その妊娠糖尿病なりやすい傾向の方の特徴も医学的に証明されているのです。絶対ではないのですが以下に当てはまるのであれば注意が必要です。少なからず、通常よりは妊娠糖尿病のリスクア高いのが現状という事になります。

 

【妊娠糖尿病になりやすい方の特徴】
糖尿病の家族・親族がいる
肥満
妊娠中に体重が急増した
35歳以上の高齢出産
巨大児を出産した経験がある
尿糖で頻繁に陽性が出ていた
尿検査で、頻繁に尿糖陽性(プラス)が出る

 

この中の項目に該当する内容があるのであれば、以下にベジママが妊娠糖尿病の予防に効果が期待できるという内容は確認しておくべきではないかと思います。ベジママだからこその内容なので他の妊活サプリにはない内容だからです。

 

 

ベジママには妊娠糖尿病の予防に役立つ「ピニトール」が配合されています!

 

 

ベジママに配合されている成分の中でも最大のポイントはピニトールが配合されているという事です。ピニトールはイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然物質です。

 

豆類のほかに近年ではプチプチした触感と薄塩味が人気の高級食材のアイスプラント(別の商品名:ソルトリーフ、クリスタルリーフ)にもピニトールが含まれているという事で注目を集めています。( ⇒ アイスプラントはどんなものか!? )

 

ベジママにはそのアイスプラントから抽出されたピニトールを使用しています。ピニトールには、血糖値を下げる効果があります。女性の不妊症の原因に肥満や内臓脂肪なども関係している可能性があるのでピニトールで血糖値を下げることにより妊娠しやすい体質を目指すこともできます。

 

 

ベジママには妊娠糖尿病の予防に役立つピニトールが豊富です!

 

 

ピニトールの1日の摂取上限は180mg〜1200mgという事ですが、実は成人男性・女性共にこの摂取量を超えていない人が殆どなのです。理由はピニトールを含む食材が限られており、その中でも多くの量を摂取しなければならないからです。

 

大豆なら約433粒・豆乳約693ml摂取するのが理想とされています。ルイボスティーにもピニトールは微量ですが含まれていますが、約87杯は現実的ではありません。

 

そして、アイスプラントにピニトールは一番含まれているので、少ない量で摂取できるのですが気軽に手に入るものではないのが難点です。そこで、ベジママなら1日に4粒を継続的に飲むことで効率的にピニトールを摂取できるという訳です。

 

ですから、もし妊娠糖尿病が気になるという方はベジママを飲んでみるのはかなりおススメだと思います(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加