ベジママ 妊娠初期

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママが妊娠初期の流産のリスク軽減に役立つのは本当か!?

 

 

妊娠するという事は女性だけなく、パートナーの男性にとってもこの上ない喜びだと思います。ですが、特に高齢出の妊娠というのは妊娠初期は流産のリスクも高いと言われています。

 

妊娠したという喜びが大きい分、流産した時の精神的なショックというのは本当に大きいものがあります・・・(ノД`)・゜・。

 

そこでですが、ベジママンが妊娠初期の流産にどのような効果を発揮するのかを調べてみました。絶対的な内容ではないのですが、流産のリスク軽減のためにも参考にはなると思います!!

 

 

ベジママが妊娠初期の流産のリスク軽減に役立つのは、本当か!?

 

 

【ベジママの全成分】
ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン・ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、パントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

 

 

ピニトールが流産のリスクを軽減する理由

 

先ず、ベジママの成分の中でも注目したいのが「ピニトール」という成分です。ピニトールには血糖値を下げる働きがあります。その為に、妊娠糖尿病などの予防にも効果があると医学的にも証明されているのです。妊娠糖尿病の症状には以下の様に・・・。

 

妊娠高血圧症候群
流産・早産
糖尿病の合併症(網膜症や腎症、神経障害など)

 

などなどあります。このような症状にベジママに配合されているピニトールは効果が期待されるているのです。ピニトールは主に豆類に配合されていますが、ベジママンは自社で栽培したアイスプラントから抽出したものを使っています。

 

 

葉酸が流産のリスクを軽減する理由

 

流産の原因には、子宮の健康だけじゃなく「受精卵の異常」なども大きく関係していると言われています。受精卵の異常は2種類あり、「染色体異常(ダウン症)と先天性異常(奇形)です。この異常を持った受精卵は、着床しても途中で流産するリスクが高くなります。

 

実はベジママに葉酸は受精卵の異常を軽減する働きがあります。葉酸が、先天性異常(奇形)を防止するのは世界的にも認知されている事です。。厚生労働省が、妊婦に葉酸をすすめているのも、先天性異常を防ぐ効果が期待できるからなのです。

 

 

ビタミンEが流産のリスクを軽減する理由

 

また、ビタミンEが流産防止に効果があると言われる理由は2つあります。血行促進と黄体ホルモンの分泌を活発にする働きがあります。血行が良くなれば、子宮内膜が厚くフカフカになるので受精卵が着床しやすくなります。

 

勿論、ビタミンEは普段の食事(魚介・野菜・果物など)からも摂取できるのですがやはりこれも不足しがちになるのが現状です。ベジママで効率的に摂ることで補充することで流産の軽減にも役立ちます。

 

 

ベジママが妊娠初期の流産のリスク軽減に役立つと言っても・・・。

 

 

ベジママが妊娠初期の流産のリスク軽減に役立つと言っても、それはあくまで理論上のものです。ですから、もしかしたらですがベジママを飲んでいたにもかかわらず流産という現実に直面する方もいるかもしれません。

 

ですが、私が思うのは本当に妊娠したいと思うのであればできる限りの事はするべ気なのではと思うのです。そうすることで、気持ちにも整理が付きますし、今後のためにも健康を少しでも維持できればと思うのです。

 

もしベジママについてもっと詳しく知りたいという方は以下の公式サイトを確認してみると良いかもしれません(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加