ベジママ 多嚢胞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママの前に多嚢胞性卵巣症候群の症状を確認しておくと!?

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害で、意外と多くみられる疾患です。分かりやすく言えば、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。

 

多嚢胞性卵巣症候群の自覚症状
(1)月経周期が35日以上
(2)月経が以前は順調だったのに現在は不規則
(3)にきびが多い
(4)やや毛深い
(5)肥満など

 

多嚢胞性卵巣症候群は、超音波で卵巣をみると10mmくらいの同じような大きさの卵胞がたくさんできて卵巣の外側に1列に並び、なかなかそれ以上大きくならないことが特徴です。別名、ネックレスサインと呼ばれます。

 

 

ベジママは多嚢胞性卵巣症候群の早期改善に必要!?

 

 

。多嚢胞性卵巣症候群については病気と捉える方が多いのですが、病気というより、一連の病的な状態(病態)と捉えた方が的確です。多嚢胞性卵巣症候群と診断されても、そのほとんどは軽度なものが多いので、あまり深刻に捉える必要性はありません。

 

先ず思いつくことと言えば、医療機関にてきちんと検査し、治療をしていく事が大切です。いきなりどうなるかという訳ではないのですが、やはり妊活をしようと考えているのであれば改善したいところです。妊娠するためには治療を行い、良い卵を排卵させることがポイントになります。

 

また、医療機関にかかる前にできる限りベジママのような妊活サプリを飲むのも有効か手段になってくることでしょう。

 

 

ベジママが多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が期待できる理由は!?

 

 

【ベジママの全成分表】
ピニトール、還元麦芽糖水飴、
ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、
アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、
結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、
ビタミンB2、バントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

 

ベジママは、妊娠前に多嚢胞性卵巣症候群に悩んでいるから、圧倒的に支持を受けているのが特徴です。その理由は、「ピニトール」という成分を配合しています。まず、ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群を改善する効果が期待できると言うことで注目されている成分です。

 

多嚢胞性卵巣症候群はインスリンの働きが悪く、糖や炭水化物を摂取すると過剰反応しインスリンが過剰に分泌されるという事が分かっています。そのため、多嚢胞性卵巣症候群の人は、妊娠糖尿病のリスクが高くなります。

 

ピニトールは血糖値を下げる効果もあります。妊娠前にベジママを飲んでいれば、ピニトールが血糖値を下げてくれます。多嚢胞性卵巣症候群になっている方にとっては、妊娠してから「妊娠糖尿病」になるリスクを軽減できるという訳です。

 

多嚢胞性卵巣症候群は治療法が確立していないので、不妊治療の現場では、「排卵誘発剤で何とか排卵させて妊娠できるようにする」というケースが多いようです。妊娠前にベジママで、少しでも多嚢胞性卵巣症候群の症状が改善できるなら、こんなに有難いことはありません。

 

 

ベジママは多嚢胞性卵巣症候群に悩む方の強い味方です!

 

 

アメリカやヨーロッパなど日本よりも妊活が定着した国では、サプリメントが不妊治療の現場でも用いられるのが一般的です。ですが、日本ではまだ、ピニトール配合の妊活サプリというのは数が少なく手に入りにくいのが現状です。

 

ですからベジママは、国内に多く出回る妊活サプリの中でも特に人気があるのです。もちろん妊娠前から飲んだ方が良いものです。その中に多嚢胞性卵巣症候群や妊娠糖尿病を抑える成分も入っているわけですから、妊娠前に飲んでおくべき妊活サプリとしてはとても良いものだと思います

 

もし、ベジママに興味があるのであれば以下のサイトを参考にしてもらえればと思います。

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加