ベジママ 効果 期間

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママの効果が出る期間はどれくらい!?

 

 

ベジママを飲もうとしている方や、すでに飲んでいる方は色々と気になる事も出てくるかとは思います。その中でも、ベジママの効果はどれくらいの期間で出るのかというのは特に多い疑問の一つではないかと思います。

 

妊活中なら、逆算してベジママの効果が期待できるように飲み始めるのはいつからが良いのか??逆に、すでに妊娠しているから、今更ベジママを飲み始めても効果は期待できないののだろうか??

 

などなど、よくよく考えれば意外とこの点について知っている方というのは少ないのではないかと思います。現に私もベジママを飲み始めてから効果が出る期間が気になり調べていましたので、他人の事は言えません・・・(;^ω^)

 

なので、この記事ではベジママの効果が出る期間について詳しく調べてまとめてみました。以下の3つの注意点は多くの方が見落としがちになる内容なので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

 

ベジママの効果が出る期間は、どれくらいか!?

 

 

ベジママの効果が出る期間の目安は飲み始めて1ヶ月から3ヶ月ぐらいの期間が必要だと考えられています。妊娠希望日から逆算してみることが大切です。できるだけ、妊娠希望日の1ヶ月前には飲み始めるようにすることが望ましいとされています。

 

ベジママを飲む目的は胎児の先天性異常を予防したり不足しがちになる栄養分の補給が目的になってくると思います。ですが。ベジママをを摂取していなければ必ず異常が起こるということではないのです。焦ったり慌てたりすると余計なストレスにつながり、生理不順などのトラブルが生じる可能性もあります。

 

大切なことは、適切な量のベジママを継続的に摂取していくことです。妊娠希望日の1ヶ月前に飲み始めていなかった場合でも、摂取目安量を超えてベジママを飲んでしまうのはかえって逆効果になりかねません!!

 

ベジママの効果が出る期間について、多くの方が勘違いしがちな注意点も以下にまとめたので参考にしてください(^^)/

 

 

ベジママの効果が出る期間に隠された3つの注意点とは!?

 

ベジママを飲んでいる方はかなり多いのですが、ベジママの効果が出る期間に関して間違った認識もあるのも事実です。そのベジママの効果が出る期間に関してありがちな間違った認識を以下にまとめておいたので参考にしてください。

 

 

ベジママは、まとめ飲みしても効果は早く出ない!!※危険です※

 

 

ベジママを飲む目的は胎児の先天性異常を予防したり、母体や胎児に十分な栄養補補給する事にあるのです。とは言え、摂取していなければ必ず胎児に異常が起こったり、栄養不足になるという訳ではありません。

 

焦ったり慌てたりすると余計なストレスにつながり、生理不順などのトラブルが生じる可能性もあります。大切なことは、毎日、適量のベジママ継続的に摂取していくことです。すでに妊娠しているからと言って摂取目安量を超えてベジママを飲むのは避けるべきです。

 

ベジママの成分というのは、大量に摂取したからといって効果が高まるというものではないのです。例えばですが、成分の中に葉酸が配合されていますが、過剰に摂取してしまった部分は、吸収されたり蓄積されたりする事はありません。

 

葉酸の目安とされている1日400マイクログラムを多少超えてしまっただけなら、大きな問題にはなりません。但し、上限とされる1日1000マイクログラムを超え継続して摂取してしまうと葉酸過敏症を起こす可能性があります。症状としては、発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などです。

 

葉酸サプリは、妊婦さんや胎児の健康を維持・増進するために飲むものです。適切な飲み方をするように気をつけていないと、逆に健康を害してしまう可能性があり、飲む意味がなくなってしまいます。体調に気を付けながら、正しい量を継続的に飲み続けることをしっかり守るのが大事です!!

 

 

ベジママの効果は、その使用するユーザーの私生活にも左右される!!

 

 

ベジママを飲むと栄養が補充された気になり健康管理ができてしまっているように錯覚してしまいがちになる事があります。ですが覚えておいて欲しいのはベジママは栄養補助食品です。つまり、普段の食生活などの生活習慣に不足しがちな栄養素をお互なう為のサプリメントです。

 

近年の傾向ですが、女性の社会進出や晩婚化の影響で妊活中や妊娠後も仕事をされている方が多くいると思います。すると、仕事の忙しさから食事を怠りがちになったり、睡眠不足になりがちになります。これではいくらベジママでも効果は期待しずらくもなります・・・。

 

忘れてはいけないのが、ベジママは胎児の以上に関するリスクを下げてもなくすものではない事と、母体や胎児の健康を保証するものではないという事です。

 

私たちはついつい商品のせいにしてしまいがちですが、最終的には私たちの自己管理が全てだという事は忘れてはいけないでしょう。ベジママはあくまで私たちの生活で補いきれない栄養を補給するサポート的な役割だと言えるのです!!

 

 

妊娠してから飲み始めても十分効果は期待できるので、諦めない!!

 

 

よくありがちなのが、妊娠してかなり経つので、今更ベジママを飲み始めても効果がないのではないかという事です。確かに上記の様にベジママは妊活を始めようと思い立った時から適量を飲み続けるのが理想です。ですが、ベジママを飲むのに遅いという事はないので、誤解をしないでください!!

 

実はいうとベジママの栄養素というのは出産後の母体の健康や、母乳の栄養素、つまりその母乳を飲む赤ちゃんの健康にも大きく影響するのです。

 

母乳というのは当たり前ですが、白いです。ですが、その母乳が母親の血液からできているという事はあまり知られていません。血液がヘモグロビンが血液の赤色となっているのですが、母乳にはそのヘモグロビンが漉しとられ、その他の栄養素が母乳となるのです。だから母乳は白いのです。

 

ベジママを妊娠中から飲み始めても効果があるのは母乳の質を大きく左右する事で、赤ちゃんの発達の手助けになったり、母親の貧血の予防にも効果が期待できるという事です。ですから、ベジママは妊娠してからでも飲むことを諦めないでください!!

 

 

ベジママの効果が出る期間について【まとめ】

 

 

ベジママの効果が出る期間について色々と触れましたが、結局のところ、ベジママはいつから飲むのが理想かという事をまとめておきます。それに関しては間違いなく言えるのは、妊活を始めようと思ったその時から飲み始める事です。そして、妊娠後でも諦めずに飲み始めるべきです。

 

ベジママは先ほども触れたように栄養補助食品ですから、決して医薬品の様に即効性を期待するものではありません。毎日、正しい量を守りながら継続的に3ヵ月は飲み続けてから効果は期待するべきでしょう。効果が分からないからと投げ出すのは本当にもったいない話です。

 

もし、これから妊活をと考えているのであれば以下のベジママの公式サイトも参考にしてもらえればと思います(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加