ピニトール 食べ物

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ピニトール配合の食べ物は何があるのか!?

 

 

最近は日本国内でもピニトールという成分が注目されています。ピニトールは血糖値を下げるのではないかという事で、妊娠糖尿病やPCO(多嚢胞性卵巣症候群)の改善に効果が期待されています。

 

では、私たち日本人が普段食べている食べ物の中にもピニトールを配合したものがあるのではないかと思われる方もいるかとは思います。

 

そこでですが、実際に私たちが食べている食べ物の中からピニトールを配合しているものをピックアップしてみました。血糖値が気になる方は以下の内容を参考にしてもらえればと思います(#^^#)

 

 

ピニトール配合の食べ物には、こんなものがある!!

 

先ずですが、皆さんはピニトールの1日の摂取の目安というのをご存知でしょうか?

 

実はピニトールの摂取量の目安は一日600mgまでが目安となります。ですが、成人男性・女性共にこの摂取量を満たしていない方が殆どなのです。理由はピニトールを含む食べ物が限られており、その中でも多くピニトールを摂取しなければならないからです。

 

以下は私たちがよく目にする食べ物の中からピニトール配合をしたものをピックアップしたものです。

 

 

大豆製品

 

 

まず私たちがよく目にする食べ物でピニトールを配合したものは大豆と豆乳などです。納豆も大豆製品ではありますが、残念ながら納豆にはピニトールは確認されていません。摂取量の目安は、大豆約500粒・豆乳約800ml摂取するのが理想とされています。

 

ですがこれだけの量の豆製品を摂取するのはなかなか現実味がない事が分かります。

 

 

ルイボスティー

 

 

ルイボスティーにもピニトールは配合されていますが、かなり微量です。1日の上限に達するには約100杯もの量を飲まなくてはなりません。こうなると豆製品以上に現実的現実味がないことが分かります。

 

 

アイスプラント

 

 

そして、最も多くピニトールを配合しているのはというとアイスプラントという食べ物です。日本ではまだ馴染みのない食材ですが、アイスプラントとはハマミズナ科の植物です。ツブリナやソルトリーフと呼ばれることがあります。

 

食べると軽い塩気がある少し変わった食品で、表面が凍ったような形状からその名がついています。主にサラダなどに「使用されることが多いようですが、日本の市場で出回る事はほとんどないはずです。

 

 


日本国内でピニトール配合の食べ物はない訳ではないのですが、実際にはごく微量だとか1日の目安量を満たすのにかなりの量を摂取しないといけないのが現状です。これでは、余計に食生活が乱れかねないのが現状でしょう・・・。

 

 

ピニトールを効率的に摂取できる食べ物はやはりサプリメントです!!

 

 

上記でも触れたようにピニトールを普段の食事で摂取しようと思うと現実的にかなり難しいことが分かると思います。それではどうしようもないと思う方もいると思います。そんな時は、やはりサプリメントで効率的にピニトールを摂取するのが良いでしょう。

 

日本国内でピニトール配合のサプリメントは数種類しかありませんが、私が一押しするのは今、ピニトール配合のサプリメント中で最も売れている「ベジママ」です。ベジママなら上記の様にピニトール260mgがたったの4粒で摂取できるのです。

 

ベジママ4粒と他の食べ物ピニトールの配合量の比較が上記の画像です。いかにベジママがピニトールを効率的に摂取できるのかが分かるかとお澪ます。もし、ですが、ピニトール配合のサプリメントを探しているのであれば以下にベジママの公式サイトを載せておくので参考にしてください。

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加