ピニトール 効果

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ピニトールでどんな効果が期待できるの?

 

 

ピニトールは不妊症の改善に効果が期待できるという事ですが、そもそも私たちの体にはどの様な変化が期待できるのかを見ていくか見ていく事にしましょう。するとピニトールには、以下のような効果がある事が期待される事が分かったのです。

 

【血糖値の低下】
ピニトールは、血液中のブドウ糖の巡りを良くすることで、血糖値を下げる効果が期待できます。糖尿病の合併症予防にも期待されているのです。

【肝機能の向上】
ピニトールは、肝臓の抗酸化活性を刺激して、肝臓で生成されるグルタチオンの増加を促すことで、肝臓を保護する作用があると考えられています。 肝臓の酸化が進むと、肝臓の組織がダメージを受けてしまいます。そうすると、肝臓の機能がどんどんと弱くなってしまいます。

 

不妊症で悩む方の中には特徴として排卵が遅いことが挙げられます。最近は、食生活の乱れからホルモン分泌が乱れている可能性があります。これは、脳から出ているホルモンLH(黄体ホルモン)とインスリンのホルモンが多く分泌される傾向があるのが原因とされています。

 

そこでピニトールを摂取することによりホルモンを正常値に戻し、ホルモンバランスを安定させる効果が期待されるのです。

 

不妊症の原因は様々なので必ずしも上記の理由とは限りませんが、少なからずピニトールには不妊症の改善に役立つ効果がある事は分かりました。そして、そのピニトールを摂取したほうが良い方の特徴も以下にまとめておきました。

 

 

ピニトールの効果が期待できる方の特徴とは!?

 

 

以下にはピニトールの効果を期待できる方の特徴をまとめておきました。絶対という訳ではないのですが、もし該当する項目があるようでしたら参考にしてください。

 

 

PCO(多嚢胞性卵巣症候群)で悩んでいる方!!

PCO(多嚢胞性卵巣症候群)とは、若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。未だにはっきりとは解明はされていません。しかし現在のところは内分泌異常、あるいは糖代謝の異常などが考えられています。

 

ピニトールはPCOによるホルモンの乱れがちな方に効果が期待できます。PCO以外が原因の不妊・排卵障害とは異なるのでご注意ください。

 

 

糖尿病の家系や、甘党の方!!

糖尿病患者は血糖値が高いことが原因です。これも不妊症の原因の一つとい言われています。そこで血糖値を下げてくれるピニトールは糖尿病に大いに役立つことが判明されています。

 

不妊と糖尿病に関連性がないように思えますが、実は糖尿病になったことがない方でも、妊娠をきっかけで体質が変わり後に妊娠糖尿病になることがあります。特に身内(特に実母)が糖尿病持ちだった場合、自身も糖尿病になる確率がグンと上昇する事もあります。

 

その為、予防を兼ねて妊娠する前からピニトール摂取するのが良いでしょう。

 

 

ED(勃起不全)で悩んでいる方!!

実は、血糖値が高い男性はEDになりやすい傾向があります。EDの場合はタイミング法を行うことが困難になる恐れや男性不妊と呼ばれる原因になることがあるので、ピニトールで血糖値を下げEDを改善する効果も期待できるでしょう。

 

今は不妊の原因は女性だけではなく男性も関係していると証明されています。ただし、血糖値が高いのが原因でなかった場合は効果が感じられないことがありますので慎重に効果を見極める必要があるでしょう。

 

 

ピニトールの効果が期待できるのはベジママです!!

 

 

上記の様にピニトールには血糖値の低下など不妊症の改善にも効果が期待できます。ですが、ピニトールを配合した食品というのは豆類などごくわずかです。そうなるとなかなか現実もありません。

 

では、どのようにピニトールを摂取して池が良いのかという事ですが・・・。

 

そんな時に、役立つのがサプリメントです。日本国内でピニトール配合のサプリと言えば「ベジママ」になります。日本にはピニトール配合のサプリはまだまだ少ないようです。ですから、ピニトールを摂取したいという方は以下のベジママの公式サイトから確かめてみると良いかも知れません。

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加