ピニトール 副作用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ピニトールの副作用には”排卵障害”があるの!?

 

 

ピニトールには副作用がるのか調べてみました。するとですが、上記の様に「ピニトール 副作用 排卵障害」という、何とも不安に思えるキーワードを見つけたのです。本当にピニトールって大丈夫なの!?と思えてしまいますよね・・・。

 

そこでですが、本当にピニトールに副作用がないか調べてみました。ピニトール配合の妊活サプリが元で体に不調が出るなんて事は余程ないと思いますが、それでも不安は少しでも取り除きたいところですから!!

 

 

ベジママの副作用に排卵障害がある訳ではなく・・・。

 

 

ピニトールは副作用があるのではと不安に思われることもあるようですが、これは、飲んだ方の症状との相性が良くなかったという可能性があります。何が言いたいかというとピニトールを摂取した方全員が効果があったということは絶対にありえないという事です!!

 

人というのは千差万別です。それらすべての方に合う成分というのは存在しないでしょう。体質で食べられないものや好み、好き嫌いがあります。それと同じで、みんながみんな合うものを作ることはできません。

 

ピニトールは、アイスプラントなどの植物からとれた天然成分です。医薬品ではありません。医薬品だと、即効性があり数日で効果がわかるときもありますが、ピニトールは、即効性はないため、1か月飲み続けて、何も変化がなかったということで、効果がないと言っていることもあります。

 

1か月で生理周期が正常になってきたなどの効果がわかる人もいますが、3ヶ月以上は様子をみる必要があります。

 

卵巣機能に障害がある方がピニトールを飲んでも効果はわかりにくいでのも事実かもしれません。(一概には言えませんが・・・)ピニトールは、排卵障害を緩和するのもなので、卵巣機能は正常な場合に効果があります。

 


ピニトールは今現在、副作用の報告はありません。たまに過剰摂取が気になるという方もいますが、サプリメントを一気飲みでもしない限りは心配はないでしょう。ピニトール配合のサプリメントは適量を継続的に飲むのが大切になってくるという事です!

 

 

ピニトールはこのような方におすすめかもです!!

 

 

ピニトールの効果を実感しやすい方の特徴は、生理不順や、生理痛、無排卵などの婦人科系の症状が出ている方です。ピニトールを試してみると効果がわかりやすいかもしれません。またそれ以外に、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善にも効果が期待されます。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害で、意外と多くみられる疾患です。分かりやすく言えば、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。( ⇒ ピニトールでPCO(多嚢胞性卵巣症候群)は改善できるのか!? )

 

ピニトールは今現在も研究が続けられている注目の成分です。今後も配合されたサプリなどが続々と市販される事でしょう。そこで、大事なのは使用方法をしっかりと守る事や、異常を感じたら他の原因も探る事が大事でしょう。

 

更にピニトールについて知りたい方は、以下にピニトール配合の「ベジママ」の公式サイトを載せておくので参考にしてください(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加