ピニトールとは

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ピニトールとは、いったいどんな成分なの!?

 

 

妊活サプリで人気のベジママは「ピニトール」が配合されているという事で人気があります。ですが、ピニトールという成分がどのようなものか知っている方は少ないと思います。

 

そこでですが、ベジママに配合されているピニトールという成分は、どの様なものかを詳しく調べてみました。

 

以下にまとめたのはピニトールの成分についてネット上に公開されている説明です。少々難しい内容なので、何となくでも参考にしてもらえればなと思います。何となくでもベジママを飲むときなどに意識できると思います(#^^#)

 

 

ピニトールという成分についてまとめてみると!?

 

 

ピニトールは、水溶性ビタミンであるイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然の物質です。1987年インドで、ブーゲンビリアの葉から抽出されたそうです。

 

ピニトールを含有する植物は乾燥気候帯区分を原産とする 植物に多く、大豆、ルイボス、アイスプラントなどから検出されます。血糖値を下げる作用があると考えられています。不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が有るとされ、アメリカなどで研究が進んでいる。

 

 

ピニトールが血糖値を下げる働きがあるという事は!?

 

 

そもそも糖(ブドウ糖)は、人間が生きていく為に必要な物質です。脳や筋肉の主要なエネルギー源は、ブドウ糖です。身体のブドウ糖が少なくなると、ふらふらと目まいがしたり、集中力が途切れたり、立っていることも難しいくらいです。

 

この様に、本来人間の生命維持に欠かせない栄養素がブドウ糖なのですが、何らかの原因(食事の偏り、ストレス、遺伝など)で血液中のブドウ糖のバランスが崩れたしまった症状を糖尿病と言います。

 

生活習慣病と言われる2型糖尿病は、血液中のブドウ糖の量が異常に多くなることで引き起こされる病気で、その多くがインスリン抵抗性に原因をもつと考えられています。インスリンを分泌する膵臓の元気がなくなったり、インスリン受容体の元気がなくなってしまうと、血糖値は下がりません。

 

ピニトールは、糖を細胞内に取り込みやすくして、インスリンの感受性を高める作用を持ちます。その為、ピニトール配合のベジママは血糖値の改善にその効果が期待されているのです。

 

 

ピニトール配合のサプリは日本国内にほとんどないのです!

 

 

では、日本国内でピニトールを配合したサプリには同のようなものがあるのかを調べてみました。ですが、日本国内ではまだピニトールを配合したサプリというのはほとんどないようでした。

 

私が調べた限りではですが、関西鉄工株式会社が提供する妊活サプリ「ベジママ」が人気でした。つまり、ピニトール配合のサプリを購入しようとすれば、どうしてもベジママにたどり着くという事です。

 

もしですが、これから妊活を始めようと考えている方や、すでに妊娠中の方の中で甘党だから血糖値とかが気になるという方は、以下のベジママの公式サイトを確認すると良いかとは思います。ぜひ参考にしてください(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加