ベジママ サプリ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママが妊活サプリメントとの中でも人気のなのは、なぜ!?

 

 

世の中には妊活サプリメント言われる商品が多数あります。どの妊活サプリメントもそうですが、妊娠中の母体や赤ちゃんの健康に良いことを謳った内容が目立つことでしょう。ですが、そのような内容が踊っていても支持される商品もあれば、支持されない商品もあるのが事実です・・・。

 

では、ベジママは妊活サプリメントして人気があるのかという事ですが、これに関しては間違いなく妊活サプリメントの中でも圧倒的な人気があります!!

 

この記事を書いている私は妊活サプリメントに関する資料を閲覧しているの間違いない情報です。ですが、そうなるとこの記事を見て言う方の中にも疑問に思う方もいるかもしれませんが、ベジママはいったい他社の妊活サプリメントと何が違うのかという事が気になるところです。

 

いくらベジママが圧倒的な人気があると言われても、その理由が分からなくては納得いかないのではないでしょうか??そこで、以下には実際に私がベジママの特徴をまとめてみたので、興味がある方は参考にしてもらえればと思います。

 

 

ベジママが妊活サプリメントの中でも人気の秘密は、これ!!

 

早速ですが、以下にベジママの特徴をピックアップしておきました。なぜ、ベジママが妊活サプリの中でも圧倒的な人気を誇るのかが気になる方は以下の内容を覚えておいてもらえればと思います。

 

 

妊活サプリにはいままで配合されていなかった、新成分の「ピニトール」を配合。

 

 

ピニトールは植物の中に存在する天然物質です。主に大豆食品などから抽出されるビタミンB群の一種です。ピニトールは、コレステロール低下やイライラ予防に効果のあるサプリメントとして有名なカイロイノシトールの化学構造が変化したものです。

 

カイロイノシトールは蕎麦以外の植物からはほとんど検出できず、一方ピニトールは大豆、イナゴ豆などいくつか植物に含まれている事が報告されています。また大豆からピニトールとカイロイノシトールを抽出するとき、ピニトールは高純度に抽出されますが、カイロイノシトールは低純度になってしまいます。

 

サプリメントにおける有効成分の純度は効果に影響を与えるため、高純度のものを抽出できる「ピニトール」の方が、カイロイノシトールよりもサプリメントに適しています。ピニトールのサプリメントを扱っているメーカーはまだ多くはありませんが、今後、需要が増えるのは間違いなさそうです。

 

ピニトールの効果について!!
ピニトールは、科学的には環状糖アルコールと呼ばれる「糖」に分類されますが、砂糖と異なり脂肪に変換されません。ピニトールを体内に取り込むと、糖を代謝するインスリンというホルモンとにた働きし、血糖値を下げてくれます。

 

その為、糖尿病の予防となる成分として注目されています。また、不妊症の原因となるPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)への効果があるのかという事で、効果がより期待されています。その為、これらの病気が改善する可能性があるため、農業、食品、医療など各方面からの注目を集めています。

 

 

厚生労働省推奨400μgの葉酸。(4粒あたり)

 

 

葉酸は、1941年にホウレンソウの葉から発見さたビタミンB群の一種です。ラテン語で「葉」を意味する「folium」から「folic acid=葉酸」と名付けられたそうです葉酸を摂取する事とで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを7割〜8割程度低くする事ができると言われています。

 

葉酸の1日の推奨量は成人男女は240μgとされています。妊娠期の場合は、成人の摂取量である240μに+200μgで440μg(400μg〜440μg)、授乳期はこれに+100μgで340μg必要とされています。

 

葉酸は私達の体にとって大切な栄養素で、特に細胞分裂やDNAの合成などに必要とされています。また、ビタミン6やビタミン12と共に動脈硬化を起こす原因でもあるホモシステインを減らしたり、ビタミンB12と共に赤血球を作っています。

 

逆に葉酸が不足すると、どんな影響が出るのかというと、胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週〜12週)の場合は、先天性の疾患をまねく危険があり、特に、「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われ、授乳期においては、赤ちゃんの発育に遅れを及ぼす可能性もあります。

 

また、妊娠中でなくても赤血球の生産を助ける葉酸の不足は、生活習慣病などの心血管系疾患や、悪性の貧血(巨赤芽球性貧血)を引き起こす原因のひとつとされています。また、細胞分裂の盛んな箇所で欠乏症状が現れやすい為、免疫機能減衰、消化管機能異常などがあげられます。

 

ベジママには妊娠初期に必要な葉酸440μgが配合されていますから、食品で摂取するよりもはるかに効率よく摂取することができるのです!

 

 

直径8ミリの小さい粒で1日4粒。色々な成分が配合されています。

 

 

では、ベジママは1日にどれくらいの量を飲むのが良いのかという事ですが、これもありがたい事に4粒飲むのが適量と言われています。水、またはぬるま湯で飲むだけですから手間もいりません。

 

妊活サプリには独特の臭いや味があるので悪阻の時はなかなか飲めないと断念してしまう方も多いのですが、ベジママは表面にコーティングが施されているのでより飲みやすいのではないかと思います。逆に言うとつわりの時こそ、食事が不足しがちになるので以下の様に色々な成分が配合されているベジママが最適なのです。

 

【ベジママの全成分表】
ピニトール、還元麦芽糖水飴、
ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、
アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、
結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、
ビタミンB2、バントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

 

上記の内容はベジママの容器にも記載されているので原材料が気になる方でも安心して飲めるはずです。ちなみに私もベジママの原材料は細かく調べましたが、人体に有害な添加物などが配合されていない事は確認できました。

 

母体だけでなく、赤ちゃんの混交にも関わるものなので体に優しいというのは妊活サプリとして魅力の一つでしょう!

 

 

 

安心・安全の国内閉鎖型植物工場で栽培されたアイスプラントを利用。

 

 

アイスプラントはハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物の事を言います。名前の由来は表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えるが理由です。原産は主にヨーロッパ、西アジア、アフリカになります。

 

アイスプラントは乾燥や塩分などのストレスのない環境下では普通の葉っぱですが、ストレス下で育つことにより、葉の表面にある袋状の細胞に塩分を隔離するという不思議な植物です。つまり、私達が見て綺麗だな〜って思うアイスプラントは、わざわざストレス(塩分)を与えて育てられたものなんですね。

 

アイスプラントの効果としては、「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれ、コレステロールの代謝を良くしたり、肝臓に脂肪が溜まるのを防いでくれます。その為、動脈硬化・脂肪肝の改善や生活習慣病の予防などの効果があります。他の野菜にはあまり見られない栄養素ですね。

 

 

ベジママのアイスプラントは全て自社工場で徹底的な管理の元栽培されています。もしこれが海外からの輸入だと心配だという方もいるでしょうが、ベジママに関しては原材料の栽培でも拘っているのです。

 

当然ながらアイスプラントのみにとどまらず、それを栽培・加工している工場も厳密な検査を行っているのでより妊娠中の方でも安心して口にすることができるのです。国内のメーカ・国内で栽培・国内で加工されているのは何よりの信用の証です!

 

 

もしですが、ベジママの事を更に知りたいという時は以下の公式サイトから確かめてみる事をおススメします(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加