ベジママ アイスプラント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベジママに使用されている”アイスプラントって、何なの!?

 

 

ベジママの注目成分にピニトールが配合されていますが、そのピニトールはベジママのメーカーが自社で栽培した”アイスプラント”から生成されているのです。そこで、気になるのがアイスプラントって、いったいどんな植物なのかという事です。

 

アイスプラントという植物が何なのかも分からなければ、その効果についてもよく分からないと思います・・・(。´・ω・)?

 

そこでアイスプラントという植物の画像と、その特徴、そして効果についても詳しく調べ、そして、ベジママに生成するまでの過程もできる限り調べたので参考にしてもらえればと思います。

 

 

ベジママに使用されるアイスプラントは、こんな植物です!!

 

 

アイスプラント(学名:Mesembryanthemum crystallinum)はヨーロッパ、西アジア、アフリカ原産のハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物です。名前の由来は表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えるらからです。

 

近年ではフラン種料理を始め、日本でも塩味がする植物という事で話題になっています。また、味だけが話題という訳ではなく、健康に対する効果が緊急されていることも注目の一つとなっているのです。

 

例えば、アイスプラントに含まれるピニトールには、血糖値改善作用や肝機能改善効果があるというデータもあります。 また、化粧品が開発され、その保湿作用や天然ビタミンに着目した新規素材として注目されていま

 

ちなみにですが、上記で触れたピニトールこそベジママの最も注目される成分なのです。以下にアイスプラントから抽出されるピニトールの働きについてもまとめたので参考にしてください。

 

 

ベジママに使用されるアイスプラントには”ピニトール”が豊富に配合されています!!

 

 

ピニトールについて簡単に説明すると、植物中に存在する天然物質でビタミンB群の一種です。ピニトールを接する事で、糖を代謝するインスリンというホルモンに似た働きをします。すると、血糖値を下げてくれる効果が期待できるのです。

 

従来は、ピニトールは糖尿病の改善に効果が期待されていましたが、近年では不妊症の原因の一つである多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)屁にも効果があるのではないかという事で研究がすすめられています。

 

【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)】
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害の一種です。。卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない症状例を指します。自覚症状としては、(1)月経周期が35日以上(2)月経が以前は順調だったのに現在は不規則(3)にきびが多い(4)やや毛深い(5)肥満などです。

 

また、ピニトールは、この肝臓の酸化を防ぐことで、肝機能のを正常に保つ効果も期待されています。肝臓の酸化が進むと、肝臓の組織がダメージを受けてしまいます。ピニトールは、肝臓の抗酸化活性を刺激して、肝臓を保護する作用があると考えられています。

 

 

ベジママのアイスプラントは自社で徹底した管理ものと栽培されています!

 

 

ベジママは大切な命を育む女性のからだや赤ちゃんの事を考えて安心・安全にこだわり抜いていることがアイスプラントの生産方法からも分かります。なぜなら、ベジママに配合されているアイスプラントは独自の栽培方法にて成分を生成しています。

 

海外の安い製造工程の成分ではなくて国内の環境を制御することが出来る完全閉鎖型植物工場の徹底した品質管理の下で栽培されています。身体に害を与えるものは一切利用していません。

 

 

また、それではなく残留農薬や放射能濃度などの厳しい試験を全てクリアして始めてサプリメントに加工しているのです。これだけの拘りを持って初めて私たち消費者の手元に届いているのです。

 

原材料を厳選して選んでいるという妊活サプリはよく目にしますが、自社で栽培までしているという妊活サプリはなかなかありません。もし、興味ある方は以下のベジママの公式サイトも参考にしてみてはと思います(#^^#)

 

 

▼新妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)▼

【VEGEMAMA-ベジママ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加